士幌小屋チセフレップは、北海道・十勝の士幌町にある、北海道大学恵迪寮自治会と士幌町が共同で管理・運営している小屋です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    2月15~19日に第294期委員会の初ツアー「然別湖コタンツアー」がありました。

    21名の参加者を半分に分け、共に2泊3日のツアーを楽しみました。

    然別湖コタンとは毎年冬に然別湖の湖上=氷上で行われるイベントのことです。
    氷上に氷で作った建物(かまくらみたいなもの)や氷上温泉が楽しめます。氷上に建つ景色は幻想的です。

    今回のツアーでは、そのイベントの運営ボランティアとして働き、湖畔のホテルに無料で泊めて頂くというものでした。

    1日目は各々の車が寄り道しながら士幌小屋に向かいました。
    僕の車は夕方に札幌を出たので寄り道せずに(寄ったのは温泉と飯だけ)小屋に向かいました。
    温泉は帯広郊外の“自由が丘温泉”、夕飯は23時過ぎに帯広の“山岡家”(ラーメン屋)に行きました。


    ↓小屋にて みんな疲れて寝てます。
    小屋にて みんな疲れて寝ています。



    2日目の天気は快晴!! これぞ“十勝晴れ”!!

    ↓然別湖へ行く道の途中の展望台から撮りました。
    kotan2.jpg


    然別湖コタンに着きました。
    kotan3.jpg


    ここから運営ボランティアとしての仕事が始まります。(作業中の写真は撮れませんでした。)

    午前~午後3時にかけてはアイスチャペル作りを手伝いました。氷のブロックを積み上げ、雪でその隙間を埋めました。このアイスチャペルで結婚式を挙げる人もいます。ここで、女子寮生のT.N氏はこう言いました。

    「私たちは幸せを作っているんだ」

    なるほど…、カッコいいこと言ってました。

    夕方からの作業はシャーベット状の雪を箱に詰めて氷のブロックにするというもの。
    これがかなりの重労働でした。運動不足の大学生にはきつかった。


    一日の作業が終わると湖畔のホテルで風呂と食事です。
    ボランティアをするとホテルに泊まれます。ありがたい。

    湖上の温泉にも入りました。
    満天の星空の中に流れ星が流れたり、景色はとてもきれいでした。
    湖畔にはアイスバーもあります。氷の器でカクテルやジュースが飲めます。

    バーの建物ももちろん氷です。
    kotan4.jpg

    2日目はこんな感じです。3日目は各車で自由に帰りました。

    僕は、
    帯広の柳月なんたらガーデン
    →豚丼
    →六花亭本店
    →富良野のワイン工場
    →富良野の温泉
    →長沼の味川(ジンギスカン)

    というコースで札幌に帰りました。

    冬の北海道もいいもんです。
    スポンサーサイト

    【2010/03/10 00:56】 | チセの日々
    トラックバック(0) |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。