士幌小屋チセフレップは、北海道・十勝の士幌町にある、北海道大学恵迪寮自治会と士幌町が共同で管理・運営している小屋です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    皆さんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか。
    さて、なにをかこうかな・・・
    何も書かなくていっか!!!
    というのは冗談でーす。というわけで今回は新歓士幌ツアーについて書いちゃいます。
    新歓行事の最後を飾るこの企画ですが、とても楽しかった思い出があります。
    何がって言われるとあんまり思い出せませんが、なんか楽しかったです。
    今年の新歓士幌ツアーは上の年目として参加するわけですが、是非、今年の新入寮生たちにもこの面白さを味わって欲しいと思います。
    まあ、ぼく士幌委員じゃないんですけどね~がちょーん

    俺はそう考えてる。

    あいT社長(1)
    スポンサーサイト

    【2011/03/16 23:52】 | チセの日々
    トラックバック(0) |


    chichi-kenya
    一年が経つのは早いものですね~。
    可愛いらしかったITさんや、ケニア君も、どップリと恵迪人になりましたね。

    楽しかったのは、間違いなく楽しかったということで、それはどう言葉にしたら良いのか判らないくらい楽しかったんでしょうね。ケニア君も同じ表現をしていました。
    ケニア君も、テレビゲームを止めて、学生は本を読まずに言葉を知らないまま大人になると、自分自身が人間的に淋しい思いをします。

    深夜12時から二夜連続で「ryoka296」というトーク番組を見てしまったんですが、面白くて、涙が出るほど笑えました。
    その中で、恵迪寮の、うすい(5)さんが、いくつもの良いお話をされていました。

    「取りあえずという銘柄のビールはない。いつも感謝の気持ちが大切」
    「どんな理由でも好きは好き。言葉が見つからないだけで、それは良いことである」
    「明治の少年たちが当時の言葉で、その思いを一生懸命に表したように、いま平成の少年たちも平成の言葉で寮の仲間をたたえる歌を創れば良い」
    Ustreamdで録画配信されてます。何度見ても笑えます。

    コメントを閉じる▲
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。