士幌小屋チセフレップは、北海道・十勝の士幌町にある、北海道大学恵迪寮自治会と士幌町が共同で管理・運営している小屋です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    12/31~1/1に年越し士幌ツアーが行われました!
    302期士幌委員会、最初のツアーです!


    朝8時に寮を出発します。
    とても良い天気です。
    今回は車4台に別れて、寄り道しながらまずは帯広に向かいます。


    筆者が乗っていたダルビッシュ(2)運転の車は、道中でお菓子屋さんの北果楼に寄りました。
    コンビニでも勿論しますがここでも"引き"が行われ、ダルビッシュ(2)が負けました。
    引きとは、トランプを1人1枚引いて一番弱いガードを引いた人が皆にごっつぁんするというものです。


    北果楼でごっつぁんして貰ったバームクーヘンとチーズケーキを車内で食べるマスオ(1)とキキ(1)。
    甘さ控えめで美味しかったです!


    狩勝峠下で休憩。
    風が強くて無茶苦茶寒かったです!


    大晦日ということであまりお店も開いていなく、そのまま寄り道せずに帯広へ。
    水公園という温泉に寄ってから、吉野家で夕ご飯。


    小屋に到着!


    みんなでダラダラ喋りながら鍋を囲んでのんびり年越し。
    正確な時計が近くになく、ぼんやりした年越しでした(笑
    OBのミッシェルさん(いたら9年目)とアリゾナさん(いたら7)も来て下さって
    普段話せないOBとも話に華を咲かせていました。


    朝の士幌小屋。清々しい元旦です!


    さっそく車に乗り込んで、初詣に向かいます!


    帯広市内に出ました。寒い…。


    目的地は帯広神社。やはり人が大勢います。
    みんなで初詣をし、お御籤を引いたりしました。


    お次は、ばんえい競馬。
    元旦から走っているんですね~。
    ばんえい競馬は普通の競馬と違って、坂道があったり
    馬の障害物競争みたいな感じです。
    なので最後までどの馬が1位になるのか分からなくて面白いです。


    そして筆者が乗っていたミニバンが向かったのは帯広の山岡屋、
    通称"オビヤン"。
    オビヤンは札幌のヤンマーよりも辛いと聞いていましたが
    やはり凄く辛かったです!
    そんなこんなでこれを食べた4時間後、
    同乗者7人中4人がお腹を壊すという事態に陥りました(笑

    筆者の車はそれから帰寮しましたが、中には知床に行って、
    士幌小屋にもう1泊して帰ってくる車もありました。いいですね。

    帰省している寮生も多い中、みんなで新年を迎えるのも楽しいなと思った年越しツアーでした。

    文責:天使(1)
    スポンサーサイト

    【2014/01/16 11:57】 | チセの日々
    トラックバック(0) |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。