士幌小屋チセフレップは、北海道・十勝の士幌町にある、北海道大学恵迪寮自治会と士幌町が共同で管理・運営している小屋です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    5月3日から5日のGWを利用して毎年恒例、新歓士幌合宿が行われました。
    P1010742_R.jpg

    3日の朝、共用棟にぞくぞくと集まってくる一年目達。
    P1010511_R.jpg
    みんなたくさん荷物をかかえています。

    出発前には会計部によるミニ企画が行われました。
    P1010512_R.jpg
    共用棟にばらまかれる大量のダミーお札。この中には本物のお金も少し混じっていて…
    見事手にした人にはそのままプレゼントされるという超ごっつぁん企画!

    そして出発式の後、それぞれ車に分乗して士幌にむけて出発しました。
    さらに車に乗りきれない筆者を含めた数人はヒッチハイクで士幌へ…
    P1010519_R.jpg
    路上に放り出された一年目達。がんばっていこう。

    それぞれがいろいろな道、様々なところを寄り道しながら士幌への旅を楽しみました。
    道中で楽しいことがたくさんあるのが、士幌ツアーの醍醐味です。

    初日は夜遅くに士幌小屋にそれぞれ到着。
    P1010528_R.jpg
    だんだん人が増えてくる小屋内。

    その日は旅の疲れもあってそのまま就寝。
    P1010531_R.jpg
    男子は1階、女子は2階で。

    二日目。
    P1010536_R.jpg
    みなさん朝ですよー。

    今日は近くの白雲山に登山の予定ですが、天気はあいにくの曇り空。
    P1010540_R.jpg
    少し雪も降ってたようです。

    そんなことより、まずは朝ご飯!
    士幌小屋の朝ご飯といえばやっぱりうどん。
    P1010545_R.jpg
    みんなで食べよう。

    P1010547_R.jpg
    およそ100人分のうどんを次々とゆでる、2日目の朝ご飯隊長きよし(2)


    早朝の下見によると、天気は悪いが登山はできそうとのことなので、白雲山へ向かうことに。
    P1010554_R.jpg
    というわけで、昼食のおにぎりづくり。できた人から小屋を出発します。

    出発前にそれぞれ体力にあわせてチーム分け。
    P1010565_R.jpg
    天気は悪いけど頑張って登ります。

    P1010576_R.jpg
    少し雪の残る山道。

    P1010583_R.jpg
    時々休憩を挟みながら、どんどん登ります。

    P1010593_R.jpg
    ぞろぞろ。

    P1010605_R.jpg
    やっと頂上が見えてきた。

    ここが白雲山の頂上。
    P1010613_R.jpg
    てっぺんでほおばるおにぎりは格別!

    天気が悪くて、ここからみると然別湖のすばらしい景色が見られず残念でしたが、全員頂上までたどり着きました。
    P1010621_R.jpg
    頂上で集合写真。

    P1010623_R.jpg
    多すぎてファインダーに収まりきれなかった…

    登ったらもちろん、下らなきゃいけません。
    P1010628_R.jpg
    すべって転んでどろどろになりながら下ります。

    登山の後は温泉でゆっくりして、疲れをとります。
    そのあと小屋に戻ってきて夕ご飯。
    P1010638_R.jpg
    みんなでカレーを食べました。

    夕食の後はキャンプファイヤーをしながら寮歌指導。
    士幌小屋と言えば昭和53年第70回記念祭歌「草は萌え出で」
    P1010673_R.jpg
    大きく燃え上がる炎。

    三日目。
    朝早くに外で寮歌指導を行ったあと、小屋にもどって朝ご飯。
    P1010680_R.jpg
    士幌小屋の新習慣。ホダン(2)考案のスパゲッティ、すなわちホダゲッティが朝ご飯。
    最終日もそれぞれまた行きとは違うメンツで寄り道しながら帰ります。

    最後に小屋の前で記念撮影。
    P1010691_R.jpg
    うえーい。

    今年もいい新歓士幌合宿となりました。

    ムー(2)
    スポンサーサイト

    【2011/05/05 20:47】 | チセの日々
    トラックバック(0) |


    chichi-kenya
    いつもながらムー(2)さんのブログの構成は、素晴らしいですね~!
    時系列になっているので、一緒に士幌小屋に泊まって白雲山に登った気分です。

    水道も使えるようになったようで良かったですね。

    ざっと参加者は100人くらいですか?大盛況でしたね。
    熊笹の雪の小道と、山頂付近の岩に張り付いて登る元気な寮生たちにヒグマもビックリたでしょうね。

    お腹を出して寝ている彼は、風邪を引かなかったかな?

    3日間、消息不明だった少年kenya君から、「あなたの長男の携帯の充電は死んでました」と6日の午後にメールが来ました。

    コメントを閉じる▲
    コメント
    この記事へのコメント
    いつもながらムー(2)さんのブログの構成は、素晴らしいですね~!
    時系列になっているので、一緒に士幌小屋に泊まって白雲山に登った気分です。

    水道も使えるようになったようで良かったですね。

    ざっと参加者は100人くらいですか?大盛況でしたね。
    熊笹の雪の小道と、山頂付近の岩に張り付いて登る元気な寮生たちにヒグマもビックリたでしょうね。

    お腹を出して寝ている彼は、風邪を引かなかったかな?

    3日間、消息不明だった少年kenya君から、「あなたの長男の携帯の充電は死んでました」と6日の午後にメールが来ました。
    2011/06/05(Sun) 18:16 | URL  | chichi-kenya #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。