士幌小屋チセフレップは、北海道・十勝の士幌町にある、北海道大学恵迪寮自治会と士幌町が共同で管理・運営している小屋です。
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    みなさん、お久しぶりです。
    第300期士幌委員会の残党です。

    300期、ほとんどブログの更新がありませんでしたが、
    ほんとはいっぱい活動していたんですよ・・・!

    ということで、300期の思い出をこれから語っていきたいと思います。


    まずは、今年の3月6日~8日の三日間をかけて行われた
    ワカサギ&氷瀑祭ツアーです


    かなり昔のことですが、写真を見ていたら
    不思議とあったことを鮮明に思い出すものですね


    一日目

    士幌に向かう道中、長沼のうどん屋さんに寄りました
    このお店、一昔前の寮生は大好きだったのに、
    最近では場所がわかる寮生が少ないせいで行かれていないというところでした。

    IMG_2310.jpg

    IMG_2311.jpg

    この写真は、JR(当時1)が食べ終わるなり窓の外に広がる雪の荒野に飛び出していき、
    我々を外からとったものです笑

    IMG_2315.jpg


    一行は、帯広を越えて
    池田町のワイン城へ。
    池田町といえば、ドリカムの吉田さんの故郷、そして
    士幌小屋設立の動機となった人物も池田町に関係がありました。

    IMG_2322.jpg

    いろんな種類や年代のワインを見ることができました
    自分の生まれた年のワインも見つけました。


    士幌町に到着。
    新歓士幌でよく利用する緑風荘って、
    冬季はライトアップがとてもきれいなんですね。

    IMG_2328_20130821035334c4d.jpg


    小屋につきました。


    士幌小屋の地下室の秘密を暴いてしまった北沢(当時4)

    IMG_2331.jpg

    道中買った、金ぴかの燻製卵

    IMG_2336.jpg

    宴の後、
    外に星を見に出ました。
    冬の士幌の澄み渡った夜空には輝く星々が見たことないほどたくさん。
    一緒に天体観測に出た北沢さんが感極まって、
    昭和16年度寮歌「湖に星の散るなり」をかけ、みんなで歌ったのが印象的な思い出です。


    次の日。

    朝の小屋は気持ちがいいです。

    IMG_2341.jpg

    IMG_2344.jpg


    今日はお待ちかね、
    ワカサギ釣りです!
    凍った湖に穴をあけて糸を垂らしてワカサギをつる、あれです!
    北国ならでわですね

    向かったのは、小屋から比較的近い場所に位置する
    糠平湖。

    一面真っ白な幻想的な世界でした。

    IMG_2351.jpg

    凍った湖の氷は思いのほか厚く、穴をあけるもの一苦労でした。

    IMG_2370.jpg

    さあ、釣れるかな・・・?

    イメージしていたほどひょいひょいとは釣れないもので。
    でも、少しばかり粘ると、

    釣れた!

    IMG_2373.jpg

    釣れたー!!

    IMG_2379.jpg

    その傍ら、粘り強くない筆者はつれないことにしびれを切らし、
    早々からサボっていました。
    頑張って釣っている人々をしり目に、
    アリゾナ(当時6・卒)の先導で
    タウシュベツ橋梁のところまで行くことにしました。

    タウシュベツ橋梁とは、糠平湖に一部が奇跡的に残る
    昔の鉄道が走った橋梁の遺跡です。
    対岸に見えているから行こうということで
    湖を歩いて突っ切って行くことにしました。
    しかし、実はかなり遠くで、
    しかも雪に足を取られてまったくたどり着けません。
    へとへとでやっとの思いをしながらふもとに到着。

    老朽化して崩落が危険視されるタウシュベツ橋梁。
    近くで見るとその歴史を感じられ
    まさに遺跡という感じでした。

    IMG_2394.jpg


    ワカサギ釣りを終え、一行は層雲峡方面に車を走らせます。

    道中で記念写真

    IMG_2426.jpg


    銀河の滝に寄りました。
    外国人観光客でいっぱい。
    凍った滝も清冽な感じがして良いものですね

    ここで、えの(当時1)と魚肉(当時2・卒)の女子二人がおいてきにあう。

    IMG_2434.jpg


    層雲峡温泉気持ちよかった!
    ということで、層雲峡で開催されている氷瀑祭りを見てきました。

    会場内には、氷でできたすごい建造物が所せまし。
    それが夜になるとカラフルにライトアップされていてとてもきれいでした。

    IMG_2440.jpg

    IMG_2444.jpg

    IMG_2447.jpg

    アリゾナさんのごっつぁんで、チューブ滑りを体験しました。
    意外と早くて楽しかったです。
    はしゃぐ大学生は観光客の見世物になっていました。

    IMG_2458.jpg

    IMG_2460.jpg


    小屋に帰り、釣ったワカサギのてんぷらをたべました。
    釣った…といっても、ほとんど近くでつっていたおじさんがいっぱいくださったものでした。
    あのおじさん、寮生が粘って粘ってやっと連れるのに、その隣で
    毎秒のペースでつっていたんですよね。すごい

    ワカサギのおいしさときたら!

    IMG_2473.jpg


    最終日。

    朝、小屋出発と同時に
    ふだんはあまり行かない士幌高原の展望台に行って風景を眺めつつ記念撮影。
    十勝の平野を澄んだ空気の中一望できて、とってもきれいでした。

    IMG_2486.jpg

    とってくれたのは、パチ(当時6・卒)



    冬の士幌もいいですね!


    文責:えの(2)
    スポンサーサイト

    【2013/08/21 05:53】 | チセの日々
    トラックバック(0) |


    Chichi-Kenya(4)
    えのさん、士幌委員会文責ジャックおめでとう。
    3月のイベントを8月にアップしてくれてありがとうございます。10月にどうコメントしていいやら?(笑)

    長沼のうどん屋さんは行けてよかったですね。代々、先輩から後輩に口伝で継承される寄り道コースも、士幌のヌシのアリゾナさんのような人が去り、一旦途切れると解らなくなるから、文書データで残すようにした方が好いね。

    今年9月に士幌小屋を初訪問しました。
    熊笹と、うっそうとした森の中の小屋も冬場は青空の下になるんですね。

    凍った湖の上を歩くなんて体験は、北海道ならではの不思議体験ですよね。

    コメントを閉じる▲
    コメント
    この記事へのコメント
    えのさん、士幌委員会文責ジャックおめでとう。
    3月のイベントを8月にアップしてくれてありがとうございます。10月にどうコメントしていいやら?(笑)

    長沼のうどん屋さんは行けてよかったですね。代々、先輩から後輩に口伝で継承される寄り道コースも、士幌のヌシのアリゾナさんのような人が去り、一旦途切れると解らなくなるから、文書データで残すようにした方が好いね。

    今年9月に士幌小屋を初訪問しました。
    熊笹と、うっそうとした森の中の小屋も冬場は青空の下になるんですね。

    凍った湖の上を歩くなんて体験は、北海道ならではの不思議体験ですよね。
    2013/10/06(Sun) 16:52 | URL  | Chichi-Kenya(4) #-[ 編集]
    コメントを投稿
    URL:

    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    この記事へのトラックバック
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。